光回線の工事が可能な条件とは?穴あけなしで依頼する方法

光回線 工事 アイキャッチ

光回線の工事は居住環境によっては不可能な場合があります。どの会社の光回線にするかを検討する前に、家に光回線が引けるかを問い合わせてみましょう。一つの会社で物理的な問題で光回線工事ができない場合は、他社でも光回線工事が困難な場合がほとんどです。

光回線の工事ができる場合、壁に穴をあけることに抵抗を感じる人は工事費不要、もしくは工事不要で接続できる手段を検討しましょう。プロバイダの新規契約を行うことで、工事費がかかることなく光回線の契約ができます。

工事が心配な人、工事ができない環境の人はホームルーターやポケットWi-Fiを契約すれば、工事をしなくてもネット環境を整えることができるでしょう。

光回線の開通工事とは?必ず必要なものなの?

光回線の開通工事とは、光回線を通すために家近くの電柱から建物、そして家へとケーブルを取りつける工事です。
電柱や電線にある光回線を集め、電話線のように引き込むことでデータ通信が使えるようになります。
開通工事は光回線でのデータ通信を行うのに必ず必要な作業です。
そのため光回線の工事ができない場合や工事費用などに不安を感じる人は、ほかの方法を試してみるのもよいでしょう。
ルーターや家用Wi-Fiにもそれぞれのよさがあるので、各サービスのメリットを理解していくと自分に合ったデータ通信機器を見つけられます。

光回線の開通工事は契約する光回線によって要否が異なる

開通工事の要否は、契約する光回線によって異なります。自宅やマンションに光コンセントが設置されていない場合は、基本的に開通工事が必要です。
すでに光コンセントが設置されている場合は、開通工事なしで光回線サービスを利用できることもあります。ただし、電力会社が運営する光回線やNURO光のように、独自回線(おもにフレッツ光を使用しない回線)を契約する場合は開通工事が発生する場合もあります。

電力会社の独自回線 ・コミュファ光
・eo光
・メガエッグ光
・ピカラ光
・BBIQ光
その他の独自回線 ・NURO光
・auひかり

とくにマンションで光回線を契約する場合は、管理人から開通工事の許可を得る必要があります。すでに開通済みの光回線があるかどうかを事前に確認し、開通工事が不要となる選択肢を検討することも大切です。

光回線の工事ができない場合がある

光回線の工事は、物理的な条件で不可となってしまうことも多くあります。
例えば以下のような理由です。

物理的に光回線の工事ができない条件

  • 光回線の提供範囲から外れている
  • 山奥や電柱がないところに住んでいる
  • 高層階に住んでいる

ほかにも「配線が壊れている」「光回線のつなぎ口がない」など、光回線の会社が事前調査をして明らかになるケースもあります。

光回線会社に工事の対応が可能だと報告をもらってから光回線を検討すると、コスト面における不安も減るでしょう。 また、工事当日の工事前に配線や状況をみて中止になることもあるため、必ず工事ができるわけでないと覚えておくとよいでしょう。

光回線の開通工事には工事費用がかかる

光回線の開通工事は、工事内容や業者の派遣有無により工事費用が発生します。一般的な工事費用の目安は、以下のとおりです。

工事の種類 工事費の目安
立ち会いあり 20,000~40,000円程度
立ち会いあり(屋内工事のみ) 10,000~30,000円程度
立ち会いなし(無派遣工事) 2,000~10,000円程度

また、光回線により支払い方法(一括・分割)や契約タイプ(戸建て・集合住宅)の料金設定が異なる場合もあります。開通工事を依頼する場合は、事前に以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • 工事費用の支払い方法
  • 契約タイプ別の工事費
  • 工事費割引キャンペーンの有無
工事費用の一例 auひかり ドコモ光 ソフトバンク光
立ち会いあり 戸建て:41,250円 集合住宅:33,000円 戸建て:19,800円 集合住宅:16,500円 26,400円(一律)
立ち会いあり(屋内工事のみ) ※設備状況により8,360円となる場合あり 10,560円(一律)
立ち会いなし(無派遣工事) 2,200円 2,200円
支払い方法 一括または分割 一括または分割 一括または分割
工事費割引キャンペーンの有無 あり あり あり

※上記金額は全て税込みです。

光回線を利用するの申込から工事まで日数がかかる

申し込みから工事までにかかる期間は戸建てで1~2ヵ月程度、マンションで1~3ヵ月程度です。
工事は1日で終わりますが、事前調査の時間や担当グループとの情報共有などにより時間がかかります。
状況によっては、2週間で終わる会社もあれば、3ヵ月以上かかってしまう会社もあるでしょう。

工事日数に変更が生じる理由

1.屋外工事も必要かどうか
2.普及している光回線かどうか
3.繁忙期かどうか

光ファイバーが導入されているマンションであれば、宅内工事で住むところが多いです。しかし戸建ての場合は電柱から家へ、そして家の中へと2回工事が必要になことが多く、より時間がかかります。

また、会社によって設備が違うため、マンションに導入済みの光回線と異なる光回線を使用する場合、作業に手間がかかりやすいです。 マンションと契約していない企業は作業員の数が少ないこともあり、より時間がかかります。

さらに引っ越しシーズンの2月〜4月も、作業に時間がかかりがちです。 土日も工事が殺到しやすいため、平日に工事を予約することで工事日数を短縮しやすくなるでしょう。

光回線の開通工事の流れ

光回線の開通工事は、以下の流れで進みます。

開通工事の基本的な流れ

1.電柱や電線から光ケーブルを家屋まで引き込む
2.引き込んだ光ケーブルを室内の光コンセントに接続する
3.光コンセントとONU(光回線終端装置)を接続する

屋外から引き込んだ光ケーブルを光コンセントに接続するまでの作業は、光回線の工事業者が対応します。ただし、室内にONU(光回線終端装置)を設置し、パソコンやスマートフォンを接続する作業は依頼者自身の対応が必要です。

1.電柱から光回線ケーブルを家の外壁まで引き込む

光回線 ケーブル

電柱から光回線ケーブルを外壁まで引き込む

まずは電柱や電線から光ケーブルを家屋へ引き込みます。光ケーブルを屋内へ引き込む方法は、以下3種類の方法が一般的です。

3種類の配管方法

1.電話線の配管を使用する
2.エアコンの配管を使用する
3.壁に穴を開けて引き込む

電話線やエアコンの配管を利用する場合は、外壁に穴をあける必要はありません。配管に空きがない場合は、直径1cm程度の穴をあけて引き込みます。
引き込みの際には、家屋へ光コンセントや配線固定のための金具を取り付ける場合があります。配線方法や機器の設置個所は家屋に合わせて決めるため、立ち会い時に状況確認しながら工事内容を把握しましょう。

2.室内に光コンセントを設置-外から引き込んだ光回線を接続

光コンセント マンション

室内に光コンセントを設置する

壁から引き込んだ光ケーブルは、光コンセントに接続します(マンションの場合はMDF室と呼ばれる配線を管理する部屋に集約)。光コンセントは室内にあり、差し込み口付近に記載された「光」の文字が目印です。
すでに光コンセントが室内に設置されている場合は、屋外からの光ケーブルが開通済みの可能性があります。集合住宅の場合は無派遣工事で対応できる場合もあるので、自室へ光回線の導入工事が必要かどうかを事前に確認しておきましょう。

3.光コンセントとONU(光回線終端装置)を接続する

光コンセント 接続

光コンセントとONUを接続する

光回線会社が持ってきた光ケーブルを、光コンセントからONUにつなげたら工事は完了です。光コンセントがなく既設メタルを使用した場合は、ONUにつなげるところまで会社が請け負います。
もし光コンセントがすでにある場合「無派遣工事」となり、送られてきた機器を自分で設置すれば工事は完了です。ただし光コンセントが古かったり、断線していたりなど相談したい事項があれば、光回線会社に相談してみましょう。

光回線の工事で穴あけしなくてもいい条件とは

光回線の工事では、穴あけしなくても良い条件があります。

穴あけが不要になる条件

  • 固定電話がある場合
  • エアコンダクトなど既存の穴を活用できる場合

光回線の工事では、電話線またはエアコンの配管を使用できない場合にのみ穴あけを実施。
光回線のケーブルは曲げてはいけないことや、ONUの位置、オーナーが出した工事許可の内容によって選択肢は変わります。
できる限り優先して電話線の配管が使用されますが、そもそも配管がなかったり、配管がすでにほかの線で埋まっていたりする場合には、穴を開ける必要があるのです。

穴あけが必要だと判断された場合、世帯主、またはオーナーの許可が必要となります。穴あけの是非は、契約する前に光回線会社に相談してみましょう。

1.固定電話がある場合

通常は電話線を引くための配管を活用します。
電話線は光回線と似ており、一度つなげたらその後手を加える必要がありません。
他ケーブルの配管穴と比べると簡単に取り扱えるのが特徴です。
また光回線会社も、オーナーが穴を開けることを快く思っていないことも知っています。なるべく穴を開けないためにも、既にある配管を使用するのです。

2.エアコンダクトなど既存の穴を活用できる場合

もし家に電話配管がない場合や、何かしらの理由で利用できない場合、エアコンダクトやそのほかの配管を使用します。
光回線を利用する際は特に問題はありませんが、光ケーブルを引き込む際には注意が必要です。
エアコンダクトを利用して光ケーブルを引き込む場合、光ケーブルが露出してしまう可能性があります。
もしインテリアや見映えを気にするならば、別途配線カバーを購入する必要があるでしょう。
また、エアコンダクトから引き込む場合は、引き込む場所がエアコンがある場所に限定されます。
そのため、場所によっては回線が遅くなるリスクもあります。
もし開通工事をする前に、事前にどの既設穴から引き込むのか知りたい場合は光回線会社が行っている現場調査等を活用してみてください。

光回線の工事費用の目安

光回線の平均的な工事費用は、2万円から4万円程度です。テレビ工事や光電話の設置などにも別途料金がかかります。
また、キャンペーンで工事費用が実質無料になったり、土日は追加料金がかかったりするなど、会社によって費用は変わります。正確な費用を知りたい場合には、直接相談するのがよいでしょう。

主要な光回線サービス 工事費(派遣ありの場合) 実質無料キャンペーンの有無
auひかり 戸建て:41,250円
集合住宅:33,000円
あり
ドコモ光 戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
あり
ソフトバンク光 戸建て:26,400円
集合住宅:26,400円
あり
NURO光 戸建て:44,000円
集合住宅:44,000円
あり
ビッグローブ光 戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
あり
ニフティ光 戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
あり
OCN光 戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
なし
So-net光プラス 戸建て:26,400円
集合住宅:26,400円
あり
フレッツ光 戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
なし

※上記金額は全て税込みです。

光回線の工事の費用は戸建てとマンションでは異なる

マンションは屋外工事にかかる費用を抑えられるため、戸建てよりも安い傾向にあります。
マンションでは決まった光回線を導入しているパターンが多く、工事作業がマンションにあるMDF室からから自分の部屋につなげる作業のみになるためです。
マンション内での工事の場合、価格は大体1万5千円から3万円で済むことが多くなります。

光回線の工事費を安くするには?

工事費用が無料になるキャンペーンを開催している会社も多く存在します。
ドコモ光のように完全無料もあれば(2021年10時点)、NURO光のように実質無料のキャンペーンを行っている会社もあります。
完全無料と実質無料の違いは、工事費の支払いと契約期間の長さ。
完全無料だと、解約しても工事費を請求されませんが、実質無料はキャンペーンの途中で解約すると工事費一部を支払う必要があります。
実質無料では工事費を分割して月々支払い、同じ金額だけ会社側から月々戻ってきます。
全額支払い終わると会社側も仕送りをやめるため実質無料となります。
しかし、工事費割引期間と自動更新契約期間を合わせると、割引期間が終わる前に次の更新契約期間が始まることが多くあります。

結果的に、工事費用を一部払って更新をやめるか、工事費用を全額払ってもらう代わりに契約を続けるかのいずれになります。
ただし、完全無料であっても事務手数料や土日祝日料金などはかかる可能性があるため注意しましょう。

光回線の工事ができない場合の対処方法

工事できないと判断された場合、住んでいるエリアにある光回線を探す、または光回線の代わりとしてWi-Fiを契約するのをおすすめします。
契約したい光回線会社が対応できなかったとしても、ほかの光回線会社で住んでいる地域に対応していれば、光回線を利用できる可能性があります。

Wi-Fiルーターや家用Wi-Fi、テザリングは光回線に比べて手軽に利用できます。
開通工事を行う必要もありませんし、どこへ行っても簡単に設置・利用できるため、工事不可な家であってもネット環境を手軽に整えられます。
光回線の工事が難しければ、Wi-Fiルーターやテザリングを使用することを考えてみましょう。

1.お住まいのエリアに対応している光回線会社を探す

お住まいの地域に対応している光回線会社を選べば、工事がスムーズに完了します。
光回線会社によって対応している地域が違うため、対応外の地域だと想像以上に開通までに時間がかかってしまうかもしれません。
フレッツ光や光コラボのような、全国47都道府県に対応している光回線会社を使用するのも一つの手です。
ただし、光回線によっては違う地域でも開通してくれる可能性があるため、気になる会社があれば相談してみましょう。

2.ポケットWi-Fiやホームルーターを契約する

ポケットWi-Fiやホームルーターは光回線に比べ通信速度や安定感は落ちますが、工事費用もいらず光回線にはないメリットも多くあります。
ポケットWi-Fiとホームルーター両方にいえるメリットは、どちらも簡単に使えること。
ポケットWi-Fiは契約さえすれば、家の外でも簡単にパソコンやスマホを使用できます。
ホームルーターも基本的に家で使用する機器ですが、コンセントさえあればどこでも使用可能です。
普段ネットの使用頻度が少ない人や一人暮らししている人、あまり動画を見ない人は、ポケットWi-Fiやホームルーターを試してみましょう。

ポケットWi-Fiとホームルーターのメリット・デメリット

メリット デメリット
ポケットWi-Fi ・軽くてコンパクトなため持ち運びしやすい ・コンセントが不要になる
・安く利用できる
・工事いらずで利用できる
・通信速度が遅い傾向にある ・通信が不安定になりやすい
・充電が切れると使えなくなる
ホームルーター ・簡単に設置できる
・時と場合によって設置する場所を変えられる
・安く利用できる
・工事いらずで利用できる
・通信速度がかかることがある
・通信が不安定なときもある
・周りに物があると通信が弱くなりやすい

3.スマホのテザリングを活用する

テザリングは、スマートフォンで契約したデータ通信を利用して、他の機器でネットを共有できるシステムです。
Wi-FiやBluetooth、USBからつなげられるため、便利な機能です。
工事いらずで、スマートフォンさえあればどこでも接続できます。
一方でパソコンにデータ通信を飛ばすと、スマートフォンのデータ通信として計算されるため、テータ通信に規制がかかることがあります。
テザリング中はスマホにも負荷がかかることから、短時間の利用におすすめです。

テザリングのメリット

  • スマホのデータ通信が使い放題プランであれば無料で使用できる
  • 簡単に接続できる
  • 外出先で使用できる
  • 工事費がかからない
  • スマホ同様の速度で利用できる
  • スマホ同様の安定感がある

テザリングのデメリット

  • 携帯の電池の減りが早くなる
  • 携帯が熱くなりやすい
  • データ使用量からスマホのデータ通信規制がかかりやすくなる
  • 使用方法によっては価格が割高になりやすい

工事不要でインターネットがすぐ使えるWi-Fiおすすめ3選

工事不要でインターネットが使えるWi-Fiの中でも、特におすすめできるWi-Fiを3つ選びました。
光回線は通信速度が速く、安定感のある魅力的なデータ使用方法ですが、ほかのインターネットサービスに比べて工事時間や費用などがかかります。
一方でWi-Fiは工事不要でネットを利用できるため、まずはWi-Fiを試してから光回線を検討するのも一つの手です。

家でも外でも高速通信が可能|Broad WiMAX

Broad WiMAX

引用:Broad WiMAX

「Broad WiMAX」は、5Gで下り最大2.7Gbpsの通信が可能な家用Wi-FiとポケットWi-Fiを利用可能です(2021年9月時点)。高速通信が可能なため、大容量ダウンロードや動画視聴も快適に利用できます。
また家庭用Wi-Fiは下り最大2.7Gbpsですが、モバイルルーターでも下り最大2.2Gbpsと速いのが特徴です。基本的にデータ容量は無制限ですが、翌日18時〜翌々日2時ごろまで速度制限がかかることもあります。
契約月から2ヵ月は、月額料金が2,090円(税込)となることもポイントです(2021年6月時点)。条件を満たすと初期費用が全額割引になるキャンペーンや、ギガ放題プランを申し込んだ人向けの割引などもあります。
ただし事務手数料が別途かかることや、3ヵ月目から料金価格が変更となる点には注意が必要です。

Broad WiMAX
月額料金 ギガ放題プラス DX(3年)プラン
2ヵ月目まで:2,090円(税込)
3ヵ月目以降:3,894円(税込)
37ヵ月目以降:4,708円(税込)
通信速度 家用Wi-Fi:下り最大2.7Gbps
ポケットWi-Fi:下り最大2.2Gbps
データ容量 無制限
割引対象 ・ウェブで支払う場合
・他社インターネットから乗り換える場合

UQWiMAX Broad WiMAXがおすすめできる人

データ通信のヘビーユーザーにおすすめです。リモートワークや動画視聴など、日常的にインターネットを利用したい人にはUQWiMAX Broad WiMAXが合うでしょう。

クリックで費用は発生しません

2.自宅のコンセントにさすだけ|SoftBank Air

SoftBank Air

引用:SoftBank

SoftBank Airはコンセントに差すだけでネットが使える家庭用Wi-Fiです。ネットだけでなく電話にも使用できるため、幅広く使えます。
また5Gでもデータ容量無制限で使用できるので、オンラインビデオでのミーティングやディスカッションにも気にせず使えることが特徴です。

Softbank Air
月額料金 5.368円(税込)
レンタル月額料金 5,907円(税込)
*5G対応機種はレンタルしていない
最大通信速度 4G 下り最大261~612Mbps
*ご利用機種による
データ容量 無制限
割引対象 ソフトバンク、またはワイモバイルのスマホを持っている

※2021年10月時点の情報です。

SoftBank Airがおすすめできる人

ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホを持っている人は、スマホ通信量も一緒に毎月割引されるのでおすすめです。

また他Wi-Fiへの乗り換えを考えている人も「あんしん乗り換えキャンペーン」で発生する違約金をキャッシュバックしてもらえます。

最大で10万円キャッシュバックできるので、今の家庭用Wi-Fiに不満を持っている人にとってはお得なキャンペーンです。

クリックで費用は発生しません

3.コンパクトで海外利用にも便利|Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobile Pocket WiFi

引用:Y!mobile

Y!mobile Pocket WiFiは、外出時に使いやすいポケットWi-Fiです。海外での利用にも対応しており、自動で通常の月額に加えて海外データ定額と海外利用料が支払われます。

4Gと5Gのどちらも対応していますが、7GB以上使用するとデータ通信速度が遅くなるのがデメリットです。7GB以上を使用したい場合は、0.5GBごとに550円の追加料金を支払う必要があります。

Y!mobile Pocket WiFi
国内月額料金 7GBまで5G 4,065.6円(税込)
4G 4,818円(税込)
追加月額料金(7GB以上を通常の速度で使用) 0.5GBごとに550円(税込)
*5G対応機種はレンタルしていない
海外月額料金 通常国内プランに追加
海外データ定額 312.4円
*1日使用ごとに90円追加
重さ 約135~240g
最大通信速度 5Gの場合
下り最大2.4Gbps/ 上り最大110Mbps

4Gの場合
下り最大838Mbps/ 上り最大46Mbps
(機種603HWを除く)
*状況や地域などにより変化あり

データ容量 大体7GB
*7GB超えると通信速度が低速化する

※2021年10月時点の情報です。

Y!mobile Pocket WiFi がおすすめできる人

主に移動が多い人におすすめです。
外でも気軽に使用できるため、スマホにデータ制限がかかった際にY!mobileのポケットWi-Fiで対応できます。
Wi-Fiの通っていない宿や外国でも、変わらずポケットWi-Fiを使用できるので、家よりも外でWi-Fiを使う頻度が多い人には向いているでしょう。

クリックで費用は発生しません

光回線の工事についての疑問をまとめて解決

光回線の工事について、よくある疑問をまとめました。
穴を開けることになったときや今後支払う費用に後悔がないよう、事前に疑問を解決しておきましょう。

1.光回線の工事は土日でも可能?

土日の工事は可能ですが、追加料金を支払う必要があります。
土日休みの人が多いため申し込みが殺到しやすいことが理由です。

土日祝日工事をするうえで追加で支払う金額は、NTT東日本のフレッツ光やソフトバンク光では3,300円(税込)です。
待つ期間が長くならないよう、決断したら早めに予約を取るようにしてみてください。

2.光回線の工事で立ち合いは必要?

立ち合いについては、どこまで光回線の設置が進んでいるかによります。
すでに住宅内に光ファイバーのケーブルが引き込まれており、部屋に光コンセントが設置されていれば立ち合いは不要です。
光回線会社から専用の機器を送ってもらい、自分で取りつければその日からネットが利用できます。
ただし、光ファイバーが切断されていたり、他の件で取り付け作業が必要な場合は立ち合いが必要です。

3.工事のときに起こり得るトラブルは?

基本的にトラブルは起こりませんが、下記のようなケースがたまにあります。

  1. オーナーと連絡をとっておらず工事できなくなった
  2. 家に傷がついた

オーナーと連絡をとっておらず工事できなくなった

工事中に共同スペースに入ったり、オーナーの許可が必要な場所に配線したりするため、オーナーの許可がおりない限り、工事は続けられません。
また、オーナーに限らず戸建ての場合は、近隣の人にも許可を取る必要があることも。
工事開始前に必要な許可を得ておくことで、スムーズに作業が進みます。

家に傷がついた

工事の作業をしていくなかで、作業員が家具や壁紙を壊すケースがあります。

光回線のトラブル事例

  • 作業員がドライバーを落とし、床に傷がついた
  • 置いてあった花瓶に触れて割れてしまった
  • 作業中に壁紙がこすれて破れた

会社側も傷がつかないようにシートをしいて作業していますが、事故はつきもの。
作業員に過失があれば弁償してもらえるので、会社側に伝えましょう。
割れ物や大切にしているものは片付けておくことで、事故を防ぎやすくなります。

4.光回線の工事が終わるまで時間はどのくらいかかる?

開通工事の所要時間は、光回線業者によって1〜4時間程度の差があります。無派遣工事のように室内で機器を接続するだけであればすぐに終わりますが、電柱から引き込み作業をする場合は時間が必要です。
電力会社やNURO光のように、独自回線を使用する場合は所要時間が増える傾向にあります。各社の所要時間の目安は、以下のとおりです。

工事の所要時間
一般的な光回線 (フレッツ光の回線を使用する場合) 約1時間
電力会社系 (BBIQ光の場合) 約2時間
独自回線系 (NURO光の場合) 1回目(屋内工事):1〜2時間
2回目(屋外工事):1〜2時間

工事費無料や工事不要のキャンペーンを利用してお得に光回線を利用しよう

光回線の工事の流れがわかると、光回線の工事で支払う金額や任せる範囲などがわかり、光回線会社に相談しやすくなります。
光回線を引き込むためには原則工事が必要で、戸建てがマンションかによっても費用は変わります。
「なるべく早くネットを利用したい」と考えているならば、Wi-Fiルーターや家庭用Wi-Fiなどを選ぶことも一つの方法です。
それぞれ光回線の会社が提供しているお得なキャンペーンを確認したうえで、自分に合ったネット環境を選びましょう。

「光回線」の関連記事一覧

TOP