戸建てに最適なインターネットの選び方!光回線の元営業マン直伝

戸建て インターネット 選び方

戸建てでインターネットを使うなら、回線が安定していて通信制限がない「光回線」をおすすめします。

戸建てでインターネットを使用する場合、複数のデバイスで回線に繋ぐケースが大半です。通信制限があるモバイルWi-Fiやホームルーターでは、思ったようにインターネットを使用できない可能性があります。

光回線と一言で言っても、選ぶ回線やプロバイダによりサービス内容や料金・速度は異なります。快適なインターネット生活を送るためには使用する目的や用途を把握し、自分に合ったサービスを選ぶことが不可欠です。

今回、インターネットを選ぶ上で気をつけるべきポイントやおすすめサービスなどについて、光回線の元営業マンに取材しました。インターネットをお得に契約・利用する裏技も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

TERU

通信系会社の元営業マン

TERU

自分が経験してきた通信業界(光回線・WiFiの営業)の知識を活かして、通信の話題を中心としたWEB情報サイトを運営。その他、美容・脱毛など、取材やタイアップ記事を中心に生活で役立つ情報を掲載しています。

もっと見る 閉じる

戸建てでインターネットを使うなら「光回線」がおすすめの理由

光回線は通信が安定しており、ほかのインターネット回線より速度もあるため、戸建てに住む人にはとくにおすすめです。光回線なら家族全員が快適にインターネットを利用できます。

ほかにも、ホームルーターやモバイルWi-Fiなどを利用してインターネット接続することも可能です。どちらも工事不要で手軽に利用開始できますが、通信の安定や複数の端末で接続することを考慮すると、光回線が適しています。

1.デバイスの複数接続に強い

家族複数人が居住しているなら、インターネットに接続する端末数も複数あるでしょう。その場合、光回線以外の接続方法では以下の現象が起こりえます。

インターネット接続のストレス要因

  • 通信が安定しない
  • 複数端末で接続すると速度が落ちる

光回線であれば、数種類の端末で同時接続しても、上記の心配は無用です。

光回線 数種類 同時接続

家族で複数端末に接続

接続端末例

  • パソコン
  • テレビ
  • タブレット
  • スマートフォン

家族がそれぞれ別の端末からインターネットにアクセスする場合、複数接続に耐えられるだけの容量と速度が必要です。

光回線は容量が無制限であり、家族全員が一斉にビデオ通話しながら動画視聴したとしても速度に影響はありません。

マンションの場合は全体で回線をシェアするのに対し、戸建ての場合は専用回線となります。

そのため、同じ光回線でも、マンション用に比べて戸建ての光回線はとくに安定しています。

2.安定して通信速度が速い

光回線は電気信号を光に変え、光ファイバーケーブルを通して情報を伝達します。ADSLなどの電話回線を使用した形式とは異なり、電磁波などの影響を受けません

光は1秒で約30万kmと、音の約88倍の速さで進みます。たとえば遠くで花火が上がったとき、音は随分遅れて聞こえます。光が届く速度はそれだけ速いということです。

光回線以外でも、日常的に不便を感じるほど遅いわけではありません。

複数端末で同時にインターネット接続するとなると、1つの回線をシェアすることになります。そのため、家族のうち1人は快適にインターネットを使えても、他の家族の通信が遅くなる可能性があります。

光ファイバーケーブルを使用している光回線を選択することで、家族全員が通信速度にストレスを感じにくくなるはずです。

3.通信量が無制限

光回線は通信容量が無制限で、日常生活で使うなら速度制限がかかることはまずありません。

自宅でインターネットを使用するときに容量を気にしていると、ストレスにもつながります。特定の誰かが容量を使い過ぎたために他の家族が我慢を強いられるような事態となれば、ケンカの原因にもなりかねません。

また在宅勤務でオンラインミーティング中に速度制限に引っかかるような事態にもなりかねないため、仕事に影響を与える恐れも。

光回線を使用することで、上記のような心配事とは無縁の生活を得られます。

4.ポケットWi-Fiとは異なり屋内の各フロアに回線が届く

光回線であればルーターを家の各所に設けることで、Wi-Fi電波を家の隅々まで届けることが可能です。

Wi-Fiは円形状に電波が広がるという特徴があり、障害物や電波干渉を受けると通信が不安定となります。家の中には家具や電磁波を発生させる電子レンジなどが置かれているため、この障害の影響を受けやすいと言えます。

そのためモバイルWi-Fiでは、1台ですべての部屋に十分な電波を届けるのは難しい点に注意しましょう。

光回線は工事前に物件の調査依頼が可能です。どのような配線にしておけば家中で快適にインターネット接続できるか把握したうえで工事を進めると、失敗がありません。

光回線の元営業マン直伝!戸建てのインターネットを選ぶポイント

光回線の元営業マンにご協力いただき、光回線を選ぶときのポイントを5つに絞りました。

1.使用しているスマホのキャリアで選ぶ

契約しているスマートフォンのキャリアが提供する光回線にすることで、セット割引が適用されます。セット割引とは、スマートフォンの月額利用料が割引となるサービスです。

スマートフォンの契約台数ごとに割引が適用され、家族4人であれば合計で4,000円以上の割引も。戸建てタイプの光回線であれば月々の利用料金は5,000円前後なので、ほとんどが割引でまかなえるケースもあります。

家族でバラバラのキャリアを利用している場合、キャリアを統一すれば大きな節約になることもあります。

2.契約条件の有無で選ぶ

光回線では初期費用として工事料金が発生しますが、以下のようなサービスがあります。

  • 工事料金相当をキャッシュバック
  • 工事料金の一部を毎月利用料金から割引

サービス内容はプロバイダによって異なります。どちらも2~3年の契約を条件に適用されるケースが多いものの、『工事料金実質無料』と謳っているサービスは上記2パターンのいずれかです。

キャンペーンによっては以下のような場合もあるため、適用条件はしっかり確認することをおすすめします。

  • 特定の窓口でしか受付していない
  • 口頭で特典を受ける意思表示が必要

また、契約期間が長いものを選ぶと、月額料金が安くなることも。
ただし以下のケースに当てはまる場合は、違約金なくいつでも解約できるタイプの方がよいと言えます。

  • 転勤の可能性により住む期間が未確定
  • 満足いかない場合は他のプロバイダも検討したい

さまざまな可能性を考慮して、自分に合ったものを選んでいきましょう。

3.月額料金で選ぶ

一部の格安SIMを利用中の人はセット割引が使えません。そのため回線をインターネットと繋げる役割を担う業者である、各プロバイダの月額料金を比較すると選びやすいでしょう。

このとき、割引やキャンペーンを考慮した実質月額料金で比較することをおすすめします。
実質月額料金の計算方法は以下の通りです。

実質月額料金の計算方法

1.月額料金を調べる
2.オプション料金を足す
3.割引額を引く
4.3.に契約月数の目安を掛ける
5.キャッシュバック額を引く
6.5.を契約月数で割る

以下のケースでは、実質月額料金は3,944円になります。

計算サンプル

  • 月額料金5,000円
  • オプション500円
  • 月額割引1,000円
  • 契約月数36ヵ月
  • キャッシュバック額20,000円

計算式:((5,000円+500円−1,000円)×36ヵ月−20,000円)÷36ヵ月=3,944円

4.回線速度で選ぶ

オンラインゲームやデイトレードなど、遅延を少しでも減らしたい場合はある程度速度の速い回線を選択しましょう。

ただし、各プロバイダが発表している『最大速度』はあくまで理論値です。実際にその速度が出ることはありません。速度にこだわる人は最大速度ではなく、実測速度に着目してください。用途ごとの推奨速度と実測速度を比較し、十分な速度が出るものを選ぶと失敗がないでしょう。

以下、利用方法別に快適だと感じられる速度をまとめました。

目的 快適な速度
メール送信 1Mbps程度
動画視聴(YouTube) 5Mbps程度
4K動画の再生 25Mbps程度
ビデオ通話 3Mbps程度
ウェブページ閲覧 1Mbps程度
メール受信 1Mbps程度
LINEでのやり取り 1Mbps程度
SNSへの写真投稿 3Mbps程度
SNSへの動画投稿 10Mbps程度
データファイルの共有 10Mbps程度

参考:快適なインターネットに必要な上下の速度目安を目的別に整理!|NURO

NUROによれば、ストレスなく通信できるのは10~30Mbps程度とされています。
実際にスピードテストサイトなどを活用して、現在どの程度の回線速度となっているのかを確認してみてください。

5.豊富なオプションサービスで選ぶ

オプションは基本的に有料のサービスです。料金に見合ったメリットを感じるものがあった場合に、検討しましょう。

オプション例

  • ひかり電話
  • サポートサービス
  • 出張修理サービス
  • 無線ルーターレンタル
  • ストリーミングサービス

プロバイダやオプションによって料金はさまざまです。
オプションの種類が豊富なプロバイダを選んでおくと、後々追加したい機能が出てきたときに便利です。

戸建てのインターネットにおすすめの光回線

スマホキャリア速度安さなどの観点から、おすすめのプロバイダ6社を紹介します。いずれも2021年10月時点での情報です。

1.auユーザーならauひかりのセット割がおすすめ

au光 セット割

引用:auひかり

月額料金 6,160円~
割引プラン auスマートバリュー
auでんきの利用で電気代割引
回線 独自回線(※)
キャンペーン情報 キャッシュバックキャンペーン
(オンライン申し込み限定)


(※)NTTが提供する『フレッツ光』の回線を使用していない回線のこと。利用者数が限られるため混雑しにくいと言われている。
※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

auのスマートフォンを使っている人は『auスマートバリュー』に申し込むことで、スマホ料金の割引が適用されます。割引価格は、スマートフォン1台につき最大1,100円。家族4人がauユーザーであれば1ヵ月で4,400円の割引です。

公式サイトでは、オンライン申し込み限定のキャッシュバックキャンペーンが多数用意されています。ただしキャッシュバックの適用条件はさまざまです。総額いくらのキャッシュバックを受けられるのか、比較しておくことをおすすめします。

キャッシュバックの適用条件例

  • 3年契約必須
  • 即日申込必須
  • 指定プランあり
  • LINEアプリ必須
  • オプション加入必須

キャッシュバックの受取についても、銀行振込やau PAY残高にチャージなど複数の方法があります。

2.ソフトバンクユーザーならソフトバンク光のセット割がおすすめ

ソフトバンク光

引用:ソフトバンク光

月額料金 5,720円~
割引プラン おうち割 光セット
おうち割 光セット(A)
回線 フレッツ光
キャンペーン情報 開通までAirターミナル、Pocket Wi-Fiのいずれか無料レンタル


※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

『ソフトバンク光』は、ソフトバンクのほかY!mobileのユーザーもセット割引の対象となります。ただし割引適用のためには、以下の条件が必須です。

割引適用条件

  • 2年契約
  • おうち割光セットの申し込み
  • 指定オプションの加入(月額550円~)

割引額はスマートフォン1台につき550円~1,100円。
以下のデータプランを利用中なら、離れて住んでいる家族も含め10回線まで割引対象となります。

対象データプラン

  • メリハリ無制限
  • ミニフィット+

契約は2年自動更新です。契約期間満了月の当月~翌々月以外での解約には違約金が必要となります。

ソフトバンク以外にY!mobileユーザーもお得

クリックで費用は発生しません

3.docomoユーザーならドコモ光のセット割がおすすめ

ドコモ光 セット割

引用:ドコモ光

月額料金 5,500円~
割引プラン ドコモ光セット割
回線 フレッツ光
キャンペーン情報 dポイントプレゼント


※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

『ドコモ光』のセット割引は、契約者と同一の『ファミリー割引』グループ内のユーザー全員に割引が適用されます。割引額はスマートフォン1台につき550円~1,100円です。

『ファミリー割引』は、三親等以内の家族なら誰でも加入できます。離れて住んでいる家族や親戚のドコモユーザーが同一のグループに入ると、さらにお得です。

ただし、割引適用は20回線の上限があります。

また『ドコモ光』は、2年定期契約更新のたびに『ありがとうポイント』としてdポイントがもらえます。dポイントは電話料金などの支払いのほか、コンビニの支払いにも利用可能です。

そのほか支払いをdカードにすることで、さらにdポイントが貯まりやすくなります。

4.ネット接続時の初期設定が苦手な人にはSo-net光プラスがおすすめ

So-net光プラス キャッシュバック

引用:So-net光プラス

月額料金 6,138円~
割引プラン auスマートバリュー
回線 フレッツ光
キャンペーン情報 最大60,000円キャッシュバック
訪問設定サポートあり
セキュリティソフト『S-SAFE』が無料
v6プラスWi-Fiルーターレンタルが無料


※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

『So-net光プラス』は初期設定やセキュリティ対策など、インターネット接続に伴う作業が苦手な方におすすめです。

次世代通信v6プラスにより、最も混雑する経路を避けて通信するため、速度低下になりにくく安定します。

訪問設定サポートは、専門のスタッフが自宅へ来て設定を代行してくれるサービスです。
申し込み完了後に専用受付電話の案内が書面で届く流れになりますので、申し込みを忘れないようにしてください。

セキュリティ対策については、PCのほかiOSやAndroid端末にも対応しています。
auユーザーであれば『auスマートバリュー』に申し込むことで、光回線とのセット割が適用されます。

5.オンラインゲームなら回線速度の速いNURO光がおすすめ

NURO光 オンラインゲーム

引用:NURO光

月額料金 5,200円~
割引プラン 月額料金が1年間980円
回線 独自回線(※)
キャンペーン情報 『NUROガス』『NUROでんき』同時申し込みで1年間基本利用料無料


(※)NTTが提供する『フレッツ光』の回線を使用していない回線のこと。利用者数が限られるため混雑しにくいと言われている。
※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

『NURO光』の最大速度は下り2Gbpsとなります。「NURO 光 10G」というサービスでは、下りも上りも最大10Gbpsです。

一般的な光回線の最大速度は1Gbpsのため、速度を重視する方に『NURO光』はおすすめと言えます。『NURO光』は、NTTが提供するフレッツ光の回線を使用しない独自回線です。

そのため、混雑時間帯でも速度に影響しにくいのも特徴の1つと言えます。
対応エリアは限られているため、公式HPでチェックしておきましょう。
SONYグループの運営ならではと言える『PlayStation5』のレンタルサービスも魅力です。

6.テレビや電話のセット契約ならJ:COMがおすすめ

J-COM セット割

引用:J:COM

月額料金 7,348円~
割引プラン 専門チャンネルセットで5,412円(※)
専門チャンネル・電話・電気セットで5,480円(※)
回線 auひかり
キャンペーン情報 最大30,000円分のQUOカードプレゼント


(※)割引価格の適用は利用開始から12ヵ月間
※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

『J:COM』では、ケーブルテレビとインターネット回線のセット申込で月額利用料が割引となります。ただし割引適用期間は12ヵ月間のみ。そのため以下の3点をチェックし、結果として割高にならないよう注意が必要です。

J:COM契約前のチェックポイント

  • 違約金
  • 契約予定月数
  • 13カ月目以降の料金

『J:COM』はインターネット回線以外にもさまざまなサービスを展開しており、『J:COME HOME』では以下のようなサービスもあります。

『J:COME HOME』のサービス例

  • 音声操作
  • ネットワークカメラ
  • 外出先からの家電操作

オプションのモーションセンサーは、自分が不在でも家族を遠隔で見守りできる便利なサービスです。子どもやペットのいる家庭なら重宝するでしょう。

インターネット契約や利用についての疑問を元営業マンに聞いてみた

光回線の元営業担当に、よくある疑問に答えていただきました。
以下を参考に、気になることは契約前に調べておきましょう。

1.戸建てでポケットWi-Fiやテザリングはおすすめできる?

ポケットWi-Fiやテザリングはおすすめできません。基本的には光回線一択です。

ポケットWi-Fiは電波の届く範囲が足りない場合があります。テザリングを日常的に使うとなると、スマートフォンのバッテリーの消費や通信量が膨大なものとなります。
ただし以下に該当する場合は、ポケットWi-Fiも選択肢の1つです。

ポケットWi-Fiが適している例

  • 接続端末が1台のみ
  • インターネット利用者が1人のみ
  • めったにインターネットを使用しない

インターネットの利用者が1人であれば住居内の移動時にポケットWi-Fiを持ち歩くことで、通信に不便は感じないでしょう。

2.戸建ての場合は置き型Wi-Fiもおすすめ?

戸建てで置型Wi-Fiはおすすめできません
置き型Wi-Fiは工事が不要という手軽さはあります。

しかし、家族がそれぞれの端末で動画視聴やビデオ通話するなど、場合によっては速度に不満を感じる恐れも。率直に言いますと、通信も不安定なため動画がプツプツ切れることもあります。

また容量無制限といっても「3日で10GBまで」といった短期間制限のあるものがほとんどです。

短期間制限は1人暮らしであれば十分な容量かもしれません。しかし、複数人で使用すると足りなくなる可能性もあります。

以上のことから、戸建てに置き型Wi-Fiは向いていません。

3.インターネット契約してから使えるようになるまでの期間は?

おおよその目安は3週間前後です。光回線の開通には工事が必要なため、混雑状況によって前後します。繁忙期であれば数ヵ月待ちになることも。

基本的に開通工事は1回で終わるケースがほとんどです。

NURO光の場合は宅内工事と屋外工事を2日に分けて行っているので、スケジュールには余裕をもたせておきましょう。

NURO光の開通工事

1.so-netが宅内工事を実施
2.NTTが屋外工事を実施

工事にかかる期間の目安は各プロバイダのHPなどに記載されています。
利用開始したい日が決まっている場合は、その時の混雑状況などを踏まえて期間を見積もっておきましょう。

4.インターネット契約をお得にする方法はある?

契約をお得にするおもな方法は以下の2つです。

  • キャンペーンを利用する
  • 不要なオプションを外す

4-1.お得なキャンペーンを利用する

キャッシュバックや割引など、キャンペーンの利用をおすすめします。なお、キャンペーンは以下の3種類に分かれます。

キャンペーン種類

  • 公式限定
  • 代理店限定
  • 公式+代理店セット

公式+代理店セットは、代理店で契約すると公式のキャンペーンも一緒に適用されるものです。プロバイダによっては代理店が複数存在するケースもあります。どのキャンペーンが自分に合っているのか、慎重に検討してください。

キャッシュバック金額の大きさや安さだけに着目せず、手続きのシンプルさなどもチェックしておきましょう。

4-2.不要なオプションサービスは利用しない

基本的にオプションは不要です。とくにキャンペーン適用のためのオプション加入はおすすめできません。

ただし利用開始直後は初期設定が必要となりますので、自信のない場合は導入サポートを検討してみるとよいでしょう。

毎月費用が発生するオプションは、積み重なると大きな出費となります。その出費に見合った効果があると想定できるものに絞ることをおすすめします。

5.キャンペーンの申込で注意すべきことはありますか?

おもに以下の2点に注意してください。

  • キャンペーンの適用条件をチェックする
  • 申込方法と特典受取時期を確認する

5-1.特典内容だけではなく適用条件もチェックする

たとえば「キャッシュバック合計10万円」と掲載されている場合は、複数のキャンペーンをすべて適用した場合に10万円を受け取れます。

必ずしも自分の契約内容が該当するとは限らないため、きちんと確認しておきましょう。

注意点は以下の2点です。

  • 機器買取が条件になっている
  • 有料オプションがセットになっている

オプションがセットの場合は、そのオプションが必要かどうかも検討してください。
キャッシュバックで「現金」の記載がないほか「〇〇円相当」などの記載がある場合は、現金代わりに使えるポイントが付与される場合もあります。

5-2.申込手続きの方法と時期を確認する

キャンペーン申込方法は限定されている場合があります。インターネット申込限定のものが多い中、電話口で「キャンペーン適用希望」と伝えなければいけないものも。

申込の時期によっては、キャンペーン適用外となる恐れもあります。そのほか契約後にあらためて申請が必要なものなど、キャンペーンによってさまざまです。

とくに携帯キャリアのセット割引は、スマートフォン側で手続きが必要なため注意してください。

気になるキャンペーンがあったときは、以下のことをチェックしておきましょう。

  • 申込期限
  • 申込方法
  • 手続きのタイミング
  • 特典の反映時期

6.回線が遅かったり安定しなかったりする場合はどうすればいい?

パターン別に対応方法が異なります。

  • 急に遅くなった
  • 決まった時間帯に遅くなる
  • 最初から遅い
  • 常に通信が安定しない

6-1.急に遅くなった場合-ルーターや周辺機器をチェックする

いつもは快適にインターネットが使えているのに、急に遅くなった場合は以下のことを試してください。

  1. 速度を計測
  2. ルーターなどの周辺機器の再起動

速度の計測については、測定用のサイトがあります。ゲーム機であれば、本体に測定機能がついたものも。

再起動後も速度が変わらない場合は、プロバイダの障害状況を確認してみてください。
TwitterのようなSNSでは、リアルタイムの情報が拾えることもあります。

自分以外にも同じ状況の人がいたら、プロバイダ側に原因がある可能性も。
また時間帯に関わるものかを判断するために、遅くなった曜日や時間帯をメモしておくと問合せのときに役立ちます。

6-2.様子を見ても改善がない場合-サポートへ問合せする

周辺機器の再起動後、または障害復旧から24時間以上経過しても状況が改善されない場合は、サポート窓口へ問い合わせてみましょう。

特定の曜日や時間帯に遅くなる場合も同様です。プロバイダによっては計測に来てくれることもあります。

ただし時間帯に関連するものは、混雑状況に起因する場合が多いため根本的な解決は難しいケースも。

耐えられないほど遅かったり、通信が不安定だったりするのであれば、最終的には乗り換えを検討してもよいでしょう。

インターネット契約や利用時に注意したいポイント

以下は光回線の営業マンが、お客様に伝えるおもな注意点です。契約前にぜひ参考にしてください。

1.戸建てのインターネットの導入はマンション契約より時間がかかる

戸建ての場合は開通工事が必須になることがほとんどです。

そのためマンションよりも開通までに時間がかかります。例外として、中古住宅にお住まいでその住宅がすでに工事を済ませていた場合は、開通までの期間はマンションと同じになります。

光回線の工事には立ち合いが必要なため、在宅時に行わなければなりません。土日祝日の工事を希望するのであれば、その分待ち時間が長くなる恐れも。土日祝日の工事は割増料金を設定しているプロバイダもあります。

工事料金もプロバイダによってさまざまです。実質無料といって、工事料金の一部を月々の利用料から割引するサービスもあります。その場合、休日の割増料金は加味されないと想定しておきましょう。

2.戸建てのインターネット契約は開通工事が必須

開通工事とは、電柱から光ファイバーケーブルを引き込む工事のことを指します。この工事は光回線を利用するために必須です。

開通工事後、宅内への光コンセント設置工事を経て、光回線を使用する準備が整います。

開通工事は、おもに電話用配管やエアコンダクトを利用しますが、住宅によっては壁に穴を開ける必要が出てくる場合も。

この点についてはお住まいの住居によるため、工事業者が実際に見てみないと判断できないところです。そのため、電話で問い合わせをしても明確な答えは出ません。

可能であれば、事前に物件の調査依頼をしておくとよいでしょう。

3.解約金や解約方法について事前に確認しておく

解約金や解約方法については確認しづらい場所に書かれていることもあります。
具体的には、以下の点をチェックしておくと安心です。

  • 解約の手続きはシンプルか
  • 違約金が契約年数によって異なるか
  • プランに契約年数が盛り込まれていないか

ほかには工事料金を月々の利用料から割引するサービスは、解約と同時に適用外となることも頭に入れておきましょう。

工事料金は最初に支払うことが多いため、あまり早く解約すると回収しきれない可能性があります。

不安な方は、代理店の口コミを見てみることも1つの手段です。

4.住居エリアによっては申し込みできない場合がある

光回線には対応エリアがあり、同じ光回線でもプロバイダによって対応エリアが異なります。対応エリアは各プロバイダのHPで確認できるので、申し込み前に調べておくとスムーズです。

同じ地域でも、戸建てとマンションでエリア内外が分かれるというケースもあるため、不安な方は電話で問い合わせるとよいでしょう。

5.キャンペーンの内容は戸建てと集合住宅で異なる場合がある

光回線の月額利用料は集合住宅よりも戸建ての料金が高く設定されているため、キャンペーン内容が異なることもあります。

たとえば狙っているキャンペーンがマンション用のプラン契約が前提である場合、戸建てで申し込みをしても適用されません。キャンペーンを選ぶときは、かならず戸建て用のものを選択してください。

工事費についても同じことが言えます。工事費相当のキャッシュバックがある場合、キャッシュバック額と実際の工事費と比較し、赤字にならないか確認しておくとよいでしょう。

6.自宅が広い場合は無線ルーターが複数台必要な場合もある

無線ルーターの電波が届く範囲は機器のほか、利用環境にも左右されます。
たとえば以下のような場合、電波を遮断される可能性も。

  • 家具などの障害物がある
  • ルーターと利用場所の位置が遠い

解決策として、無線ルーターを増設する方法が挙げられます。無線ルーターのレンタルサービスを行うプロバイダの利用も1つの手段ですが、ずっと使うものであれば購入を検討してもよいでしょう。
以下の手順を踏むと無駄がないのでおすすめです。

  1. レンタルしたルーターを増設
  2. 通信が改善されることを確認
  3. レンタル機器を返却
  4. 新たなルーターを購入

無線ルーターのレンタルには料金が発生するため、返却を忘れないように注意してください。

戸建てでインターネット「光回線」を利用する手順

光回線は申込から利用開始まで、いくつかの手順があります。
はじめて光回線を契約するのであれば工事が必要です。工事スケジュールの混み具合によっては利用開始まで数ヵ月かかることも。

詳しい手順を理解しておくことで思わぬトラブルを避けられますので、ぜひ参考にしてください。

1.光回線の契約を申し込む

手続きは大きく以下の5段階に分かれます。

光回線契約手続きの流れ

光回線契約手続きの流れ

  • 申し込み
  • 機器受け取り
  • 工事日調整
  • 開通工事
  • 各種機器の初期設定

申し込みの前に契約期間とプランは決めておいた方がよいでしょう。相談しながら決めようと考えていると、不要なオプションが入ったプランを勧められる恐れがあります。
設置機器や契約書は、多くの場合郵送や宅配で届きます。

2.工事日程を決める

開通工事には立ち会いが必要です。そのため、業者側とのスケジュール調整後に開通日が決定します。予定変更は代理店などで調整してもらえることも多いですが、自分で調整する必要があるかを事前確認しておきましょう。

また工事を延長した場合、キャンペーンの適用外かどうかもあわせてチェックしておきましょう。

3.開通工事に立ち会う

当日は以下のような流れで工事が完了します。

開通工事当日の流れ

1.光ケーブルを宅内に引き込む
2.光コンセントと機器を接続・接続確認

光ケーブルを屋外から室内に引き込むとき、既存配管やエアコンダクトを利用できない場合は新規で穴開けされる可能性もあります。

そのため、賃貸の戸建てに住んでいる人は、光回線開通工事実施の旨を、管理会社に事前に伝えておきましょう。

4.インターネットと各種機器を初期設定する

宅内工事完了後、各種初期設定を行えば光回線に接続できるようになります。

  1. インターネットの接続先設定
  2. Wi-Fiルーターの設定
  3. 接続機器の設定

接続機器で忘れがちなのがプリンターのような、周辺機器の設定です。抜け漏れを防ぐため、家庭内にある接続機器を把握しておきましょう。

また工事後は、インターネットに接続できることを確認するまで、業者に立ち会ってもらうことをおすすめします。万が一接続できない場合、工事が原因の可能性があるためです。不安な人はプロバイダの接続設定サービスを利用する方法もあります。

ただしそのサービスがオンラインの場合は、インターネット接続が必須です。テザリングやポケットWi-Fiなど、光回線以外の接続手段を確保しておきましょう。

5.特典を申し込む場合は申請する

無事にインターネット接続ができると安心しがちです。しかし、キャンペーン特典は開通完了後に申請するものもあるので、忘れないようにしましょう。なかには申請タイミングが複数回に渡るものもあります。

申し込みのときは、以下の内容を整理しておくと見直しに役立ちます。

キャンペーン特典のチェック項目

  • 特典内容
  • 申請方法
  • 申請期限
  • 反映予定日

インターネットは契約手順とポイントをチェックすれば失敗しない

使用目的を明確にしてしっかり調べたら、インターネット契約は失敗しません。事前調査なしにお得なキャンペーンや目先の安さだけにとらわれて契約すると、思わぬトラブルにつながる恐れも。

キャンペーンの内容だけではなく、プロバイダの口コミや評判も調べておくとさらに安心です。

当記事に記載したチェックポイントを参考に、自分に合ったプロバイダを選び、家族全員で快適なインターネット生活をはじめましょう。

「光回線」の関連記事一覧

TOP