楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターの評判は?料金や速度の口コミを紹介

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは、本当に安くてお得なのか知りたい
楽天をよく使うのでポイントが貯まるモバイルWi-Fiルーターを契約したい

楽天モバイルが提供しているポケット型Wi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)は、月額料金0円から利用できます。

月額料金はデータ通信量により段階的に上がっていきますが、どれだけデータを使っても月額最大3,278円。

コストパフォーマンスが良く楽天ポイントも貯まるため、日頃から楽天のサービスを利用している方はよりお得になります。

この記事では、楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターの通信速度やプラン料金、つながりやすさなどについて、実際のユーザーの口コミを踏まえながら解説します。

楽天モバイルのWi-Fiとは?低価格が特徴のモバイルWi-Fiルーター

ドコモやau、ソフトバンクに次ぐ第4の携帯キャリアとして知られる楽天モバイルは、モバイルWi-Fiルーターのサービスも提供しています。

楽天モバイル回線の対応エリア内では通信容量無制限で、料金の安さも魅力

初めての申し込みなら、Wi-Fi端末代が1円、契約事務手数料が無料となっており、さらに楽天ポイントを5,000ポイントも受け取れます。

低価格帯で、データ通信量を気にせず利用できるモバイルWi-Fiルーターを探している人に向いています

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターの料金はワンプラン!どれだけ使っても最大月額3,278円

モバイルWi-Fiルーターサービスの多くは「月○GBまで」など、データ通信量に応じてプランが設定されています。

しかし、楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT VI」のワンプランのみ。

しかも、データ通信量に応じて段階的に料金が上がる仕組みなので「少ししか使わない人」も「たっぷり使う人」も、どちらもお得に使えるプランとなっています。

【楽天モバイルの料金表】

プラン 通信容量 月額料金
Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 1GBまで 0円(1回線目のみ)
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
無制限 3,278円

※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

1回線目の契約であれば、1GBまでなら0円(無料)で利用できるので、ほとんど使わない人ならそもそも料金がかからないこともあります。

逆に、たっぷり利用する人でも、最大料金は3,278円でデータ通信量に制限はありません。

データ通信量無制限で月額料金が3,278円というのは、数あるモバイルWi-Fiルーターサービスの中でも最安値です。

主要なモバイルWi-Fiルーターサービスの月額料金と比べてみましょう。

<他サービスとの月額料金の比較>

モバイルWi-Fiルーター プラン 通信容量 月額料金
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 1GBまで 0円
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
無制限 3,278円
UQ WiMAX ギガ放題プラス モバイルルータープラン 無制限 4,818円
ソフトバンク データ通信専用50GBプラン 50GB 5,280円
THE WiFi 100GBプラン 100GBまで 3,828円
FITプラン 1GBまで 1,298円
5GBまで 1,628円
20GBまで 2,068円
40GBまで 2,596円
100GBまで 3,960円
ゼウス WiFi スタンダードプラン(2年契約) 20GBまで 2,178円
40GBまで 2,948円
100GBまで 3,828円
フリープラン(契約期間の縛りなし) 20GBまで 2,618円
40GBまで 3,278円
100GBまで 4,708円


※表内の価格は全て税込です。
※2021年11月現在

料金についての良い口コミや評判を紹介

料金についてはメリットの大きい楽天モバイルですが、利用者はどう思っているのでしょうか?

そこで、楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターの利用者100人を対象に独自のアンケート調査を行いました。

アンケート情報

対象:楽天モバイルを使用したことのある男女100人
実施期間:2022年2月
実施方法:クラウドワークス&dジョブワーク

それでは早速、アンケート調査からわかった良い口コミを確認していきましょう。

価格は予想以上に安く、ポイント還元もあるので満足です。
(30代前半・男性・会社員)

他社サービスと比較しても手頃な月額料金でデータ使用量が無制限なので、通信容量を気にせず好きなだけ使える点が気に入っています。
(40代後半・男性・会社員)

口コミを見ると、安さが魅力のモバイルWi-Fiルーターだけあり、「他のサービスより料金が手頃」といった料金にメリットを感じている意見があるようです。

料金についての悪い口コミや評判を紹介

次に、料金に関する悪い口コミです。

料金に関しては満足しているユーザーが多く、否定的な意見は見られませんでした。

キャンペーン期間に購入したこともありとても満足しています。しかし、購入後各社で価格競争が行われるようになったため、使い続けるかは迷っています。
(50代後半・女性・会社員)

無料期間中なので試しに使っていますが、有料になったら使い続けるかわかりません。
(40代後半・女性・会社員)

一方で、今後より安いモバイルWi-Fiルーターが出てきたり、魅力的なキャンペーンが展開されたりすれば、乗り換えを検討するかもしれない、と考えているユーザーはいるようです。

楽天モバイルWi-Fiルーターの通信速度は動画視聴やネット閲覧であれば問題なし

動画の視聴やサイト閲覧、メール受信などは、ネット上からデータを端末にダウンロードするため「下り通信速度」が重要です。

用途ごとに必要な下り通信速度をまとめたのが下記になります。

  • 動画視聴:5~20Mbps
  • サイト閲覧:1~10Mbps
  • メール受信:128Kbps~1Mbps

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターの平均下り通信速度を測定してみたところ、「21.85Mbps(※)」という結果でした。

※「みんなのネット回線速度」を参考。2022年2月28日時点で直近3ヶ月に計測された636件のデータをもとに算出

動画視聴・サイト閲覧・メール受信に必要な下り通信速度の目安を超えているため、問題なく楽しめるでしょう。

通信速度についての良い口コミや評判を紹介

通信速度を評価する口コミでは、「快適に使えている」「大手キャリアと変わらない」といった意見が見られました。

通信速度は大手キャリアと全く変わらないですし、動画なども止まることなく快適に視聴でき満足しています。(30代後半・男性・会社員)

楽天回線が対応しているエリアでは、圏外になったり速度が遅くなったりすることなく快適に使えています。(30代前半・女性・会社員)

通信速度についての悪い口コミや評判を紹介

一方で、通信速度に関して「遅いと感じる」「動画が途切れる」といった声も寄せられています。

エリアによっては遅いと感じることもありますが、仕事で使わないのであれば問題ないレベルです。(30代後半・女性・主婦)

データのダウンロードスピードは十分ですが、動画の視聴中に映像が途切れ、ストレスを感じることがあります。(50代後半・女性・会社員)

楽天モバイルのWi-Fiルーターに限ったことではありませんが、インターネット回線が混み合う夕方〜夜の時間帯は、通信速度が遅くなりやすい傾向があります。

また、電波が届きにくい建物内や地下などで利用していることなども原因と考えられるでしょう。

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは楽天回線エリアならつながりやすい

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは、楽天回線エリア内であればインターネットに容量無制限で接続できます

楽天回線エリア外でも、パートナー回線であるau回線を利用することが可能ですが、月に5GBまでと上限が決まっています。

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターのメリットを享受するためには、利用する場所が楽天回線の対応エリア内であることが重要です。

つながりやすさについての良い口コミや評判を紹介

口コミでも、楽天回線エリア内であれば「問題なく使える」という声が多く寄せられています。

楽天回線エリアでは問題なくつながりますが、一部地域ではつながりにくいエリアもあります。ただ都市部に住んでいるのであれば不便は感じません。
(20代後半・女性・会社員)

思っていたよりつながりやすく、安心して使えています
(20代後半・女性・主婦)

楽天回線エリアは、2022年2月4日時点で人口カバー率96%を突破しており、今後も拡大していく予定です。

楽天回線エリアの拡大の状況は「サービスエリア」から確認できます。

つながりやすさについての悪い口コミや評判を紹介

悪い口コミで指摘されているのは、楽天回線エリア外でのつながりにくさです。

楽天回線エリア外の場所だと、時々つながりにくくなってしまいます
(30代前半・女性・会社員)

また、楽天回線エリア内でも地下や電車の中などは、通信状態が不安定になってしまう点について触れている口コミもありました。

サービス提供エリア内であるはずなのに、つながらないことがあるのは不便な点です。電車での移動中に、トンネルや陸橋など通信環境が悪い場所でなくても、突然電波が途切れることがあります。
(50代後半・女性・会社員)

楽天回線は、障壁に弱い周波数帯の電波を利用しています。

そのため、対応エリア内でもビルや電車の中だとつながりにくい場合があるので注意が必要です。

その他口コミからわかった楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターのメリット・デメリット

その他の口コミからわかった、楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターのメリット・デメリットをまとめたのが下記になります。

メリット デメリット
・キャンペーンの利用で安く契約できる
・最低契約期間がなくいつでも解約可能
・端末の電源を切れないときがある

それぞれの詳細を見ていきましょう。

【メリット1】キャンペーンの利用で安く契約できる

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは、キャンペーンを利用すると初期費用を安く抑えられます。

口コミでも、契約時の負担の小ささを評価する声が見られます。

キャンペーン実施期間中に契約したので端末代金がかからず、初期費用の負担を抑えられました
(40代後半・男性・会社員)

キャンペーンでの申し込みだったので、費用がほとんどかからずに契約できた点が良かったです。
(20代後半・男性・自営業)

2022年3月時点で契約時に適用されるキャンペーンは以下の2つです。

キャンペーン 条件 内容
Wi-Fi本体代1円 ・Rakuten UN-LIMIT Ⅵの新規申し込み
・Rakuten WiFi Pocket 2BもしくはRakuten WiFi Pocket2Cの購入
端末の価格が1円
5,000ポイントプレゼント ・Rakuten UN-LIMIT Ⅵの新規申し込み
・プランの利用開始
楽天ポイント5,000ポイントプレゼント

2種類のキャンペーンを併用すると、端末は代金がプレゼントの5,000ポイントで相殺されるため、実質0円で購入できます。さらに、契約事務手数料も無料です。

そのため、キャンペーンを活用すれば、初期費用の負担がなく使い始められます。

【メリット2】最低契約期間がなくいつでも解約可能

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターには、最低契約期間が設定されていません。

そのため、気軽に試し自分に合っているか確かめられる点を、メリットとしてあげる口コミもありました。

いつ解約しても契約解除料がかからないため、気軽に試せるのは魅力だと思います。
(20代前半・会社員)

契約期間の定めがなく解約金が0円のため、使ってみて合わなければいつでも解約できる点が良かったです
(40代後半・男性・会社員)

使ってみて合わない場合は、いつでも契約解除料0円で解約可。請求されるのはデータ利用料のみです。

モバイルWi-Fiルーターの端末を分割払いで購入している場合は、残債の支払いが必要です。

ただし、申し込み時にキャンペーンを利用していれば、支払いは発生せずに済むでしょう。

【デメリット1】端末の電源を切れないときがある

口コミの中には「端末の電源が切れない」という不満の声もありました。

電源を切りたくても切れないことがあり、困っています
(30代後半・女性・会社員)

端末の電源が切れないときがあるので、電池を抜いて強制的に切っています
(40代前半・男性・会社員)

端末が正常に動作しない場合には、電源ボタンの長押しで再起動しましょう。

それでもうまく動作しないときには、SIMカード挿入口の横にあるリセットボタンを長押して端末を初期化します。

電源に関する他の不具合が起きたときの対処法もまとめたので、参考にしてください。

不具合 対処法
電源が入らない バッテリーの残量を確認し、不足している場合には充電する
電源が突然切れる 内部温度の上昇が原因である可能性があるため、しばらく待ち温度が下がってから起動する

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターが向いている人

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは、初期費用0円で契約可能、月額料金が安い、契約期間がないといった点が魅力であることが、口コミからわかりました。

これらを踏まえると、以下のような人に向いているサービスだといえるでしょう。

  • 楽天のサービスをよく利用している人
  • 利用範囲が楽天回線エリア内の人
  • まずは試しにモバイルWi-Fiルーターを使ってみたい人

楽天のサービスをよく利用している人

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターを使用すると、利用料金100円に対して楽天ポイントが1ポイント貯まります

さらに、楽天市場で買い物をしたときのポイントが+1倍されるキャンペーンが適用されます。

貯めたポイントは楽天モバイルの月額料金や端末代の支払いの他、「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天ペイ」「楽天西友ネットスーパー」「ラクマ」など、楽天グループの他サービスでも利用可能です。

楽天グループのサービスをよく利用しているなら、ポイントを効率的に貯めて有効活用できる楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターがお得といえるでしょう。

利用範囲が楽天回線エリア内の人

仕事の外回り先や、休日によく行くカフェ、自宅など、モバイルWi-Fiルーターを利用する予定の場所は楽天回線エリアに含まれているでしょうか?

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは、楽天回線エリア内であれば、高速通信を容量無制限で利用できます

そのため、よく使う場所が楽天回線エリア内の人であれば、インターネットを快適かつお得に利用可能です。

まずは試しにモバイルWi-Fiルーターを使ってみたい人

モバイルWi-Fiルーターを使ってみたいけれど、初期費用や解約料を考えると、契約に踏み切れないという人もいるかもしれません。

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターであれば、以下のとおり契約や解約に必要な費用が0円で月額料金も安いため、気軽に試せます。

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターの各種費用

  • キャンペーン適用で端末代金実質0円
  • 契約事務手数料0円
  • 契約解除料0円
  • 月額料金1GBまで0円、通信容量無制限で3,278円

まずは使ってみて実際の使用感を知りたいと考えているなら、楽天モバイルのモバイルWi-Fiを契約してみるのがおすすめです。

楽天回線エリア外での利用も多いなら、楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは不向き

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは、楽天回線エリアであれば通信容量無制限で利用できます。

楽天回線エリアは現在も拡大中ではありますが、ドコモ・au・ソフトバンクといった3大キャリアの提供しているエリアよりは狭いのが現状です。

楽天回線エリア外ではauの回線を利用することもできますが、月5GBの容量制限があります。

5GBを使い切った後も高速通信を利用するには、1GB=550円のデータチャージが必要なため、使うほど料金が高額になってしまいます。

楽天回線エリア外で利用する機会が多いなら、楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは向いていないでしょう。

広い範囲で通信容量無制限の「WiMAX」も検討を

通信容量無制限のモバイルWi-Fiルーターを広範囲で使いたいと考えているなら、「WiMAX」を検討してみるのもよいでしょう。

WiMAX回線とauの5G/4G(LTE)回線に対応しているため、楽天回線より広範囲で、高速通信を容量無制限で利用できます。

モバイルWi-Fiルーターを利用する予定の場所がエリア内に含まれているかは、「対応サービスエリア」で確認しましょう。

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターの申し込み方法

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターを契約するときの手順は、以下のとおりです。

  1. 利用場所が楽天回線エリア内か確認
  2. 公式サイトから申し込む
  3. 本人確認の審査完了後、端末が届く
  4. 使用開始

それぞれの項目について、手続きの方法や必要な書類などを詳しく見ていきましょう。

楽天モバイルの対応エリア内か確認

まず確認すべきなのは、利用予定の場所が楽天回線のエリア内かどうかです。

サービスエリア」で利用する予定の場所の住所を入力すると、地図上にマークが表示されます。

マークが表示された場所が濃いピンク色であれば、楽天回線のエリア内であることがわかります。

公式サイトから申し込む

申し込みは楽天モバイルの公式サイト内にある「申し込みフォーム」から以下の手順で行います。

  1. Rakuten UN-LIMIT VIを選択する
  2. 必要なオプションを選択する
  3. 「SIMカード」を選ぶ
  4. モバイルWi-Fiルーターを選ぶ(製品保証の有無も)
  5. 楽天会員ならアカウントにログイン、会員でない場合は新規登録
  6. 契約者情報を確認、本人確認書類をアップロード
  7. 電話番号の選択
  8. 受け取り方法と支払い方法を選択
  9. 重要事項説明・利用規約を確認し「同意して申し込む」

オプションは必要に応じて選びますが、スマホ向けがほとんどのため、基本的にはチェックを外しておけばよいでしょう。

「SIMタイプ」を選択する箇所では「SIMカード」を選べばOKです。

モバイルWi-Fiルーターは端末代が実質0円になる「Rakuten WiFi Pocket 2B」「Rakuten WiFi Pocket 2C」がおすすめ

端末の選択に進んだら、「スマートフォン・その他」から「モバイルルーター」のタブを選び、表示される中から購入する端末を選びましょう。

ただし、キャンペーンの適用で端末代が実質0円になるのは、「Rakuten WiFi Pocket 2B」と「Rakuten WiFi Pocket 2C」です。

それぞれ端子の規格が異なり、Rakuten WiFi Pocket 2BがUSB Type-Bに、Rakuten WiFi Pocket 2CがUSB Type-Cに対応しています。

基本的には最新機種のRakuten WiFi Pocket 2Cを選ぶとよいでしょう。

この後、楽天会員ならアカウントへログインし、会員でないなら新規登録を行いログインします。

本人確認は3種類の方法から選択

本人確認は以下のいずれかの方法で実施しましょう。

  • 本人確認書類を撮影しアップロード
  • AIかんたん本人確認を行う(案内に従い本人確認書類と顔写真を撮影)
  • 受け取り時に配達員へ本人確認書類を提示

本人確認書類として認められているのは下記の書類です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳 ※補助書類が必要
  • 健康保険証 ※補助書類が必要
  • 日本国パスポート ※補助書類が必要
  • 住民基本台帳カード ※補助書類が必要
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

補助書類が必要なものを身分証明書として提出するときは、発行から3ヶ月以内の「公共料金の請求書・領収書」「住民票」「届出避難場所証明書」のいずれかが必要です。

契約者情報と本人確認書類の情報が異なる場合は、本人確認審査が終了せず商品の発送や受け渡しができません。

楽天モバイルの電話番号が付与される

楽天モバイルで申し込む「Rakuten UN-LIMIT VI」は、モバイルWi-Fiルーターとスマホどちらにも適用されるプランです。

そのため、モバイルWi-Fiルーターの契約時にも電話番号が与えられます

画面上に3つの番号が候補として提示されるので、どれか1つを選びます。電話番号を選択したら「受け取り方法と支払方法の選択」へ進みます。

支払い方法はクレジットカードか口座振替

楽天モバイルの支払い方法は、「クレジットカード」か「口座振替」です。

クレジットカード払いを選ぶなら、キャンペーンの適用で2,000ポイントを受け取れる「楽天カード」を利用するとお得です。

既に楽天カード会員であれば、事前にキャンペーンへエントリーした上で申し込むと、ポイントが付与されます。

まだ会員でないなら、楽天カードにも同時申し込むと受け取りが可能です。

期間限定で、受け取れるポイントが増えるキャンペーンも実施されていることがあるため、申込時には「キャンペーン・特典」から最新の情報を確認しましょう。

支払いを口座振替で行う場合、「楽天銀行」の他、「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」「りそな銀行」「ゆうちょ銀行」などから選べます。

本人確認の審査が完了すると端末が届く

申し込みを行い本人確認の審査が行われると、モバイルWi-Fiルーターの端末が届きます。

配送日の指定がなければ、申し込みから最短2日で到着します。

ただし、本人確認審査に時間がかかっている場合や、天候による配送状況の遅れが発生した場合には、1週間ほどかかることもあるでしょう。

端末が到着すれば、簡単な設定でモバイルWi-Fiルーターを使い始められます。

まとめ

楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターは、口コミから以下のようなメリットがあるサービスだとわかりました。

  • キャンペーンの利用で端末代金が1円になり、楽天ポイントを受け取れるため、初期費用が実質0円
  • 月額料金が低価格
  • 楽天回線エリア内は通信容量無制限で利用できる
  • 最低契約期間がなく契約解除料も不要

これらのメリットを踏まえると、楽天グループをよく利用する人や、利用したい場所が楽天回線エリア内の人、モバイルWi-Fiルーターを試してみたい人に向いているといえます。

実際に使用感を確かめてから、使い続けるか決めたいと考えているなら、申し込みの手順を参考に、楽天モバイルのモバイルWi-Fiルーターへ申し込んでみませんか。

TOP