シーフォルム SYFORME KEIKYU-KAMATA 外観

FUTURE -FUTURE OF KAMATA- 「京急蒲田」駅発「ミライ」行。 民泊認定済み民泊対応型マンション

民泊認定済み民泊対応型マンション

民泊」事業を推進する大田区。

一般の住宅を旅客の滞在用に提供する、いま話題の「民泊」。
「シーフォルム京急蒲田」は、大田区の認定を受けた特区民泊対応型マンション※1です。

特区民泊とは ※大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業

外国人旅客の滞在に適した施設を、賃貸借契約に基づき一定期間使用させることが可能な「特区民泊」。平成25年12月に法が制定され、平成28年1月に全国で初めて東京都大田区が取組みを開始しました。これにより、区の認定を受けた住宅への「旅館業法」の規定が適用されることなく、一般の戸建住宅の一室や共同住宅においても、いくつかの要件を満たすことでホテルや旅館のように滞在用の住居を提供することが可能になりました。

適用要件
(一部)
  • 1.最低宿泊日数が2泊3日以上(大田区は6泊7日以上)
  • 2.一居室の床面積は、原則25m2以上(例外も認められている)
  • 3.用途を住宅として定められた建物
  • 4.年間営業日数は180日を上限とする ほか
賃料収入を得る“第二の選択肢”として
期待がかかる「民泊」。
特区民泊 開始前
宿泊期間が1ヶ月未満の場合、
宿泊施設には「旅館業法」が適用。
  • フロントの設置の義務
  • 宿泊者名簿の作成義務
  • 衛生管理、保健所による立入検査の義務など、
    煩雑な規制に対応する必要がある
特区民泊 開始後
特定認定を受けた場合、
「旅館業法」の適用が除外される。
  • 6泊7日以上の滞在に対し、滞在施設として 一般住宅の提供が可能(大田区の場合)
効果
国内外の旅行者やビジネス等の
多様な宿泊ニーズに対応。
  • 投資用マンションのオーナー様にとっては、
    通常の賃料収入を得る上での選択肢が
    増加するメリット

近年の訪日観光客の増加に対する
宿泊施設の不足を補う施策として注目を浴びています。

日本政府観光局の資料によると、2015年の訪日外国人旅行者数は約2,000万人と推計。10年前となる2005年比で約3倍に増加しています。さらに、2016年3月に行われた「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」において、2020年の外国人観光客数目標を4,000万人、2030年には6,000万人とするなど、さらなる訪日観光客の増加を国をあげて推進。都内の宿泊施設はすでに不足が指摘されている中、それを補う事業として民泊はおおきな注目を浴びています。

旅館 リゾート
ホテル
ビジネス
ホテル
シティ
ホテル
簡易宿所
全国 39.0 61.1 78.1 82.2 34.8
北海道 61.6 65.7 86.8 90.5 36.0
宮城県 49.7 39.5 76.5 70.5 38.2
東京都 70.4 84.4 93.2 86.0 65.9
神奈川県 38.3 49.4 83.0 83.0 43.1
愛知県 36.4 59.5 81.8 85.7 57.0
京都府 50.4 45.5 87.2 86.1 45.4
大阪府 46.8 95.3 90.5 89.8 63.1
奈良県 30.1 81.3 71.9 75.0 29.3
兵庫県 31.4 56.2 85.4 84.6 31.3
福岡県 33.2 60.2 73.6 85.6 37.8
沖縄県 25.5 81.8 82.4 83.2 37.8

※出典:国土交通省観光庁 宿泊旅行統計調査(2015年7月)
都道府県別宿泊施設タイプ別客室稼働率(第2次速報値)

再開発による都市整備の進化に伴い、街の価値が着々と深化する京浜エリア。ビジネス、ショッピング、
そしてエンタメ&アミューズメントスポットの魅力に引き寄せられ、このエリアに集う人々も、さらなる増加が期待されています。
その賑わいは、西糀谷レジデンスの価値向上に大きなプラスのインパクトとなるはずです。

LINEAR EXPRESS
500km/h超で3大都市を連結
リニア中央新幹線
品川〜名古屋間を2027年に、名古屋〜大阪間を2045年に開業予定(2037年開業への前倒し計画も検討中)のリニア中央新幹線は、東京と名古屋を最短40分で直結。東の始発駅となる新駅は、「品川」駅港南口の地下に建設予定となっており、開業後は、人・モノ・企業が集うゲートウェイ・ステーションとして大きな経済効果を生む事が期待されています。
image
リニア中央新幹線計画図
NEW STATION
新たな都市拠点創出へ。
JR山手線新駅
「品川」駅の北900mの位置に、2020年完成予定の新駅。品川〜田町間の現在の線路を東に移すとともに、超高層ビルの建設も含め「新たな東京の顔」となる国際的なビジネス拠点を開発する「品川駅北周辺地区土地区画整理事業」も進行中。また、近隣の都営地下鉄浅草線「泉岳寺」駅周辺でもオフィスや商業施設が入る複合ビルの建設が発表されるなど、近隣エリア一体で賑わいの創出が進みます。
JR山手線新駅完成予想図 新駅建設予定地
NEW LINE
空港へのアクセスをさらにスムーズに
新空港線(蒲蒲線)構想
羽田空港へのアクセス力の向上をめざし、東急多摩川線の「矢口渡」駅から「蒲田」駅、「京急蒲田」駅を経て京急空港線の「大鳥居」駅までの路線を整備する新空港線(蒲蒲線)。約700m離れたJR・東急の「蒲田」駅と「京急蒲田」駅を直結する本計画が実現すれば東京メトロ副都心線とも相互直通運行し、「渋谷」駅や「新宿三丁目」駅、「池袋」駅へも直通アクセスが実現します。
新空港線構想
GLOBAL ALLIANCE CENTER
ビジネス、文化、広場。多彩な賑わいを創出
羽田グローバル
アライアンスセンター
羽田空港の跡地を利用し、日本を「世界の成長センター」へと押し上げるための中小製造業支援、クールジャパン、先端医療の3分野を集積。「世界」とつながる産業交流拠点「羽田グローバルアライアンスセンター」の設立計画が進行中です。京急空港線「天空橋」駅付近の跡地第1ゾーンには、産業交流施設、多目的広場、駅前広場を導入し、空港・市街地双方への近接性を活かした創造と交流の場としてのまちづくりを目指します。
NEW RUNWAY
さらなる発着便の増強に向けて
羽田空港滑走路新設計画
2010年に新設されたD滑走路、2014年に延長されたC滑走路に続き、5ライン目となる3,000m級の滑走路の新設計画が進行中。複数あるプランの中で、有力視されているのは沖合に施設するプラン。2030年代の供用開始をめざした取り組みが進んでいます。
検討中
NEW FLIGHT ROUTE
過密ルートを避けた新ルート
飛行ルートの拡大計画
都心上空を約1,800m以下で飛行する新ルートの活用計画。実現すれば、飛行ルートの飛躍的拡大が見込まれ、発着枠をさらに広げることが可能になります。それにより観光やビジネス目的の訪日外国人の増加を促進。経済の活性化に大きく寄与することが期待されています。
NEW RUNWAY
ビジネス、文化、広場。多彩な賑わいを創出
殿町国際戦略拠点
キングスカイフロント
ライフサイエンスや環境分野を中心に、世界的に成長が期待される分野において新産業を創出するべく誕生したオープンイノベーション拠点、「殿町国際戦略拠点キングスカイフロント」。グローバル企業の研究拠点、3つのサイエンスパーク、200を超える研究開発機関が立地した世界最高水準の研究拠点として、健康・医療・福祉・環境といった分野でのグローバルビジネスを創出し、日本の成長戦略の一翼を担います。
京急蒲田/糀谷
駅前再開発でさらに「街力」を高める、
ふたつの駅前を手に入れる。
羽田空港の国際化に伴い、世界への玄関口として相応しい街づくりを目指し、
「京急蒲田」と「糀谷」両駅でも進んできた再開発事業。
羽田空港のエントランスシティとして着々と進化を遂げるふたつの駅前は、
優れた都心アクセス力はもちろん、日々の暮らしの「ほしい」に応える
便利さと心地よさをバランス良く満たしてくれることでしょう。
REDEVELOPMENT
2015年完了
「京急蒲田」駅前が一新。
居住価値も一段とアップ。
京急蒲田西口駅前地区
第一種市街地再開発事業
地区内の細分化された土地を集約し、交通結節点となる駅前広場と周辺道路を一体的に整備。駅前商業地としての賑わいの強化と良好な都市型住宅環境の創出に加え、エリア一帯の防災性を向上。都市基盤の強化を一体的に実施する事業により、駅西口がさらに便利に、美しく生まれ変わりました。
REDEVELOPMENT
2015年完了
「京急蒲田」駅東口も整備中。
ますます交通便利な駅前へ。
京急蒲田駅東口
歩道橋・駅前広場整備
「京急蒲田」駅東口前を通る国道15号(第一京浜)上に、駅へと連絡するデッキを新設し、安全で快適な歩行者ネットワークを形成。現地から「京急蒲田」駅へもスムーズにアクセスが可能です。また、デッキと連結する「東口駅前広場」も整備され、バスやタクシー、一般車と、電車の乗換えがますます円滑になりました。
REDEVELOPMENT
2016年完了予定
「糀谷」駅前も刷新。
美しい駅前空間がいよいよ誕生。
糀谷駅前地区
第一種市街地再開発事業
再開発地(約1.3ha)の建築物の耐火・不燃化・高層化により防災機能を向上するとともに、広場や駐輪場などの公共施設を整備し、交通結節機能を強化。羽田空港の国際化と24時間化を支援するエリアとして、都市型住宅の供給により新たな住民を獲得。地域力向上を図ります。
SHOPPING SPOT
毎日の買い物は、身近な界隈でサッと完結。
徒歩3分の「マルエツ」をはじめ、「まいばすけっと」や「グルメシティ」など、現地周辺にはスーパーが充実。また、2015年オープンの「京急蒲田」駅直結の商業施設「ウィングキッチン京急蒲田」は、食品・飲食を中心に、ファッション・雑貨にいたるまでラインアップ。毎日でも立ち寄りたい旬な買い物スポットです。
マルエツ西糀谷店 まいばすけっと西糀谷店
ウィングキッチン京急蒲田
大田区総合体育館
PARK & CULTURE
公園でくつろぐ。スポーツを愉しむ。
OFFタイムも充実のエリア。
呑川の水辺景観と一体となった「夫婦橋親水公園」をはじめ、屋内外のプールや野球場も揃う「萩中公園」など、現地周辺には公園が点在。また、各スポーツのリーグや国際試合、全日本レベルの大会が開催される「大田区総合体育館」では、一流の試合が観戦できるほか、施設の利用も可能です。
萩中公園屋内プール 萩中公園
SHOPPING STREET
「糀谷」駅から商店街を直進する
便利ルート。
現地から「糀谷」駅へのルートには、毎年実施する「おいで祭り」を名の由来とする「おいで通り糀谷商店街」、駅の南側には「糀谷商店街」と、駅周辺には活気溢れる商店街も充実。日々の買い物はもちろん、お祭りや阿波踊りなどのイベントも多彩です。
おいで通り糀谷商店街 糀谷商店街